So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

イオンの第三のビール

イオンです。

25日、自主企画商品(PB)の
第三のビール「トップバリュ バーリアル」の
製造委託先を韓国メーカーから
キリンビールに変更すると発表したそうです。

6月5日に3商品をリニューアル
発売するそうです。

1缶(350ミリリットル)84円の
低価格を維持しながら、味わいを
向上させ販売増を目指すそうです。

新しいバーリアルは、通常製品とアルコール高め、
糖質半減の3タイプ。
キリンのノウハウを生かし、飲み応えがあって、
すっきりした後味を実現したそうです。
工場から店舗への輸送時間も大幅に短くなり、
鮮度も増したという。
全国のイオンやダイエーなどグループ
約3000店で販売するそうです。

キリンの方がおいしいですからね。
安いですね。
売れるかもしれませんね。

 

LINE

LINE社の媒体資料によると、
LINEアプリの2017年9月時点の
日本国内のMAU(月間アクティブ
ユーザー数=月に1回以上アプリを
使った人の数)は約7100万人。
なんと日本の人口の55.2%に及ぶそうです。

総務省の通信利用動向調査によると、
16年の個人のスマートフォン普及率が
56.8%。

この数字を踏まえると、日本のスマホ所有者の
9割以上がLINEを使っているといっても
いいかもしれないそうです。

日本では立派なコミュニケーション
インフラに成長したといえるそうです。

ほとんど使っていますね。
便利です。
無料ですし。

重要なコミュニケーションツールです。


森友問題

財務省が23日に国会に提出した
森友学園との国有地取引をめぐる
交渉記録で、同学園の籠池泰典前理事長と
諄子夫人が、応対した近畿財務局の
職員らにたびたび悪態をついたり、
激高したりしていたことが
分かったそうです。

特に諄子夫人に傾向が強く、
近畿財務局側は対応に
苦慮したとみられるそうです。

近畿財務局が、森友学園側と
国有地の売買予約契約などを
進める過程で残した応接記録には、
副園長だった諄子夫人の
「罵詈(ばり)雑言」の数々が
克明に記されていたそうです。

そんな人物なのに、安倍夫人は
なぜ、つきあったのでしょうか。

総理夫人は、もっと慎重に
行動する必要があります。

マスコミや野党は手ぐすね
引いてまっていますからね。





楽天の携帯電話事業

国内事業で伸び悩む楽天が
携帯電話事業に参入するそうです。

しかし通信業界では「楽天は失敗する」
との見方が強いそうです。

楽天の計画では、総務省が新たに
割り当てる周波数帯を取得し、
早ければ2019年中にサービスを
始めるそうです。

これが実現すれば、NTTドコモ、KDDI、
ソフトバンクに次ぐ「第4のキャリア」が
誕生することになります。

携帯電話事業者として全国にネットワークを
張り巡らせるには数兆円という
規模の設備投資が必要となるそうです。

すでにドコモはそれだけの投資を
してきただけでなく、年間6000億円近い
額の設備投資を毎年行っているそうです。
ネットワークを維持、整備していくだけでも
それだけの金額が必要になるそうです。

でもですね。
ソフトバンクができた時も同じことを
言っていました。
みんな、批判していました。
同じですよ。
やってみないとわからないと思います。

これから5Gですからね。
やる価値は大きいと思いますよ。


新幹線

JR東海です。

停電の時でも新幹線がバッテリーを
使ってしばらく自走できる初の
システムの開発を始めたそうです。

新幹線はトンネルや橋、高架が多く、
東海・東南海地震などの大規模災害時に
乗客をいかに迅速に避難させられるかが
課題になっているそうです。

同社は2020年度から東海道・
山陽新幹線に導入する新型車両
「N700S」への搭載を目指しているそうです。

JR東海が開発を進めている自走用バッテリーは、
車体の床下に設置される予定。平時の
走行中に、架線から車両に流れる
電気の一部を充電しておき、
停電時に時速30キロ前後で
自走できるようにするそうです。

すべてのトンネルや橋からの脱出を
可能にするため、東海道新幹線で
最長の新丹那トンネル(静岡県、約8キロ)を
抜けられる走行距離を目指しているそうです。

新幹線も進化していますね。
新しい技術が開発されます。


中国の輸入

米中両政府は19日、米首都ワシントンで
17、18日に開いた貿易協議の
共同声明を発表したそうです。

米国の対中赤字を「相当削減する」
ことで合意し「中国は米国の製品や
サービスの購入を大幅に増やす」と明記。

知的財産権の保護強化も
盛り込んだそうです。

ただ「引き続き協議し、懸念解消を探る」
とし、全面合意には至らなかったことを
明らかにしたそうです。

米国は知財権侵害を理由に幅広い
中国製品に25%の追加関税を課す
厳しい制裁の発動を検討し、
中国は報復に打って出る構えを
見せているそうです。

貿易協議は中国の譲歩で進展しつつあるが、
決着は依然見通せず、双方が制裁を
連発する貿易戦争の火種は残っているそうです。

とりあえず合意したのですね。
どうやるかが問題です。
何の輸入をするのでしょうか。
具体的な対策が見えないですね。


国産ウナギ

来年のウナギかば焼きの製品価格が
今年以上に値上がりする可能性が
強まってきたそうです。

水産庁が発表した今期(2017年11月
~18年4月)ニホンウナギの稚魚
(シラスウナギ)の累計池入れ
数量(養殖池に入れた数)は、
前年同期比28%減の14トンと
過去5年で最低になったそうです。

今期池入れした稚魚の多くは
来年以降に池揚げ予定。
来年の国産ウナギ製品の生産増は
期待できず、品薄による高騰が
懸念されるそうです。

ウナギ養殖は前半(11月~翌1月)に
獲れた稚魚を池入れし、7月の土用の丑(うし)に
合わせて出荷する新仔と、2月以降に
池入れして1年以上かけて育てて、翌年以降に
水揚げする周年養殖物があるそうです。

稚魚が減っているのなら仕方ないですね。

早く完全養殖ができればよいですね。
まだ生態がよくわかっていないようですね。

来年はウナギを食べなければ良いと思いますよ。





円安

17日のニューヨーク外国為替市場の
円相場です。

一時、1ドル=110円86銭をつけ、
1月下旬以来、約4カ月ぶりの
円安ドル高水準をつけたそうです。

米長期金利の上昇を受け、円を
売ってドルを買う取引が優勢になっているそうです。

午後5時現在は前日比37銭円安ドル高の
1ドル=110円72~82銭。
ユーロは1ユーロ=1・1788~98ドル、
130円58~68銭だそうです。

円安になっていますね。
でもアメリカの株価も落ちていますね、
原油価格は上がっています。

よいことと悪いことがありますね。



トリドール

トリドールが急落したそうです。

前日に決算を発表、前3月期営業利益は
76.35億円で前期比11%減益、従来予想を
10億円強下回ったそうです。

今3月期は98.65億円で同29%増益の
見通しだが、120億円近い市場予想は
下回っているそうです。

とりわけ、丸亀製麺の1-3月期営業利益は
前年同期比12%減益、10-12月期の
同4%減益から減益幅が拡大しており、
主力業態の想定以上の低迷がネガティブ視
されているそうです。

何があったのでしょうかね
曲がり角ですね。



サントリー

サントリーホールディングス傘下の
サントリースピリッツです。

主力国産ウイスキー2品種の販売を
休止するそうです。

6月から「白州12年」、9月ごろから
「響17年」の出荷を休止するそうです。

同社はウイスキー需要低迷のため、
2000年代初めには、原酒の仕込みを
減らしていたが、その後、ウイスキー需要が
急拡大し原酒不足に陥ったそうです。

原酒を作るのに12年や17年もかかりますからね。
こんなに需要が増えるとは思わなかった
のでしょうね。
仕方ないですね。






前の10件 | -