So-net無料ブログ作成
検索選択

自動運転

世界の自動車メーカーが技術開発に
しのぎを削る自動運です。

2020年ごろには、完全自動運転の
一歩手前に当たる「レベル4」が
実現しそうだということです。

ただ、自動運転時代が到来しつつあるのは
自動車だけではないそうです。
むしろそれ以上に期待が持てる
分野が農業機械や鉱山機械だそうです。

自動運転トラクターの開発をいろいろな
企業が進めているそうです。
各社が対応を強化する背景には、日本の
農業が抱える深刻な事情があるそうです。

少子高齢化が進むなか、農業就業人口は激減。
後継者不足が解消しない以上、従来の
生産力を維持するには、大規模化を進めつつ、
最新技術を駆使して生産性を高めるしかないそうです。

井関農機の菊池昭夫取締役専務執行役員は
「(無人トラクターのような)
スマート農機の開発は、労働力不足や
生産性向上といった課題解決につながる」と
強調するそうです。

確かにそうですね。
それでなくても人手不足ですからね。
農業人口はどんどん減っています。
自動運転技術は進化するでしょうね。