So-net無料ブログ作成
検索選択

有効求人倍率

厚生労働省が29日、6月の有効求人倍率(季節調整値)を
発表したそうです。

前月比0.01ポイント上昇の
1.37倍と4カ月連続で改善したそうです。

1991年8月以来、24年10カ月ぶりの
高水準だそうです。

企業の求人票を受理したハローワーク
場所別に見ると、63年1月の集計開始以来
初めて全都道府県で1倍を超えたそうです。

総務省が同日発表した労働力調査(同)によると、
6月の完全失業率は前月比0.1ポイント低下の
3.1%と3カ月ぶりに改善したそうです。

95年7月(3.1%)以来、20年11カ月ぶりの
低水準だそうです。

人手不足が続いています。
雇用が多いと言うことはいいことです。

正社員と給料が増加すればよいですね。

経済対策

安倍晋三首相は27日、福岡市内で
講演したそうです。

新たに策定する経済対策の事業規模を
28兆円超とする方針を表明したそうです。

首相は「財政措置の規模で13兆円、
事業規模で28兆円を上回る総合的
かつ大胆な経済対策を来週、取りまとめたい」と
述べたそうです。

首相が参院選直後に対策策定を
指示した際は「10兆円超の規模」との
見方が多かったが、こうした想定の
2倍以上の額を示したそうです。

財源は明示しなかったが、アベノミクスを
推し進める姿勢を鮮明にしたそうです。

こういうのって重要です。
首相が、発言したということは、
やるということです。

景気対策は必要ですね。

格安スマホ

格安スマートフォンを提供する
仮想移動体通信事業者(MVNO)です。

スマホ向けゲームポケモンGO」人気に
あやかった新商品やキャンペーン
次々に打ち出しているそうです。

月間の通信量無制限のSIMカードを
販売しているワイヤレスゲートは7月中にも、
ポケモンGOの利用者向けSIMカードを
発売するそうです。

原田実取締役は「ポケモンGOでデータ使用量が
多くなるので、使い放題を前面に出して
差別化を図りたい」と話しているそうです。

「Freetel(フリーテル)」のブランド名で
格安スマホを製造・販売するプラスワン・マーケティング
8月下旬から9月にかけて、ポケモンGOを
利用した際のデータ通信を無料化する
サービスを始めるそうです。

ポケモンの影響が広がっています。
すごいと思いますね。



東京都知事選

舛添要一前東京都知事の辞職に
伴う都知事選(31日投開票)です。

産経新聞社は23、24両日、電話世論調査を
実施し、取材を踏まえて終盤情勢を
探ったそうです。

元防衛相の小池百合子氏(64)が
リードを保っており、元総務相の
増田寛也氏(64)=自民、公明、日こ推薦=が
追う展開となっているそうです。

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、
共産、社民、生活推薦=は伸び悩んでいるそうです。

まだ投票先を決めていない約3割の有権者の
動向も注目されるそうです。

どうなるでしょうかね。
注目です。


ふっこう割

九州各地で子どもたちが夏休みに入っています。

熊本地震後の観光復興を目指す
「九州ふっこう割」の人気が高まっているそうです。

夏休み前までに約50万人分以上の
宿泊回復につながったそうです。

九州全体としては観光客が戻りつつあるが、
被災地では依然として集客が回復しない
地域もあるそうです。
復興への足並みは一様ではないそうです。

ふっこう割は今月1日から、インターネット
割安商品を販売開始。

楽天トラベル」は、7~9月の九州の
予約数が前年同期の1・3倍に増えたそうです。
「じゃらんnet」では約11万6千件の予約が
あったそうです。

いいことです。
これで、観光が回復すればよいですね。





中国の二人っ子政策

中国の代名詞だった一人っ子政策は
2011年から徐々に緩和され、2015年10月
共産党全体会議で正式に廃止されたそうです。

ただし子供の数は自由、となったわけではなく、
二人までとされたそうです。

この点、国民生活への国家介入の状況は
変わっていない。

13年3月には、衛生部と計画人口計画生育員会の
一部が合併し、国家衛生計画生育委員会に
衣替えしたそうです。

施行後は各地方が独自の政策を打ち出しているそうです。

例えば中国における産前産後休暇規定は
98日間となっているが、上海市や福建省など多くの地方政府が、
これに30日~80日間の延長を加えているそうです。

安心して第二子を育ててもらおうという意図だそうです。

まず、効果が出るまで、20年かかります。

経済も低迷しています。
成人しても、就職がありません。

まず、経済対策でしょうね。




中国の高速鉄道

中国が国家戦略の柱に掲げる
「高速鉄道外交」が次々に
頓挫しているそうです。

中国の鉄道がらみの失態が
また出てきたそうです。

シンガポールに納入した中国製鉄道車両に
不具合が相次ぎ、ついに大規模なリコール
(回収・無料修理)措置がとられたそうです。

中国の鉄道車両メーカーによる海外での
リコールは今回が初めてだそうです。

中国まで持ち帰って修理を行うはめに
追い込まれたそうです。

高速鉄道外交の頓挫に続く今回の大規模リコールは、
中国政府が野心的に進める「新シルクロード構想
(一帯一路構想)」にも悪影響を与える可能性が
ありそうです。

製造は出来ますが、その後が重要です。
何年間も維持するのが大変です。

中国は、少し急ぎすぎていますね。


東京都知事選

舛添要一前東京都知事の
辞職に伴う都知事選(31日投開票)です。

産経新聞社は16、17両日、電話での
世論調査を実施し、取材を踏まえて
序盤情勢を探ったそうです。

元防衛相の小池百合子氏(64)が
一歩リードし、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)
=民進、共産、社民、生活推薦=と
総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日こ
推薦=が急追する展開となっているそうです。

ただ、全体の4割以上が投票先を決めておらず、
選挙戦の行方は予断を許さないそうです。

与党と野党が、増田氏、鳥越氏を応援している中で、
小池氏が優勢になっているのですね。

東京は、浮動票が多すぎますね。

前回の、田母神氏が、どこも応援しないのに
あんなに票がとれたのは、驚きます。

今の状況で小池氏が優勢であれば、
勝つかも知れませんね。

何で、自民党は小池氏を応援しなかったのでしょうか。


株高

今週の東京市場は、日本の政策期待などを
背景に投資家がリスクを取る姿勢が強まり、
週明け11日から株高・円安が続いています。

11~15日の5営業日で、日経平均株価
1390円(9・2%)上昇し、円相場は対ドルで
6円近く下落しました。

英国のEU離脱ショックからの立ち直りが
鮮明になったそうです。

ただ、市場の期待や思惑が先行していることへの
警戒も根強いそうです。

景気が、一進一退ですね。
参議院選挙で、与党が勝ったのと
経済政策を発表したのが良かったですね。

株高、円安です。

続けばよいですが。





スターバックス

スターバックスコーヒージャパンです。

水口貴文最高経営責任者(CEO)が
14日都内で会見したそうです。

店舗数を2020年までに、3月末比で
約3割増に当たる1500店に
増やす方針を示したそうです。

都心部では「新業態も検討する」(水口氏)とし、
店舗の多様性も図るそうです。

ライバルのコメダホールディングス(HD)が
株式上場で攻勢をかけるなど、ドトールコーヒー
交えたコーヒーチェーン大手3社の競争が
激化するなか、スタバは着実な出店で事業基盤を
強化する狙いだそうです。

オリンピックに合わせているのですね。
コンビニもありますから、競争が、激しくなりますね。