So-net無料ブログ作成
検索選択

非接触のEV充電

IHIです。

電気自動車(EV)に電気ケーブル
つながずに充電できる「非接触充電」の
システムを、2019年にも実用化するそうです。

駐車しておくだけで充電される
使いやすさがメリットで、EVの普及に
向け弾みになりそうです。

EVの充電は現在、一般的な電池容量
30キロ・ワット時の場合、家庭に備えた
普通充電器で10時間程度かけて行うか、
数十分で終わる急速充電器を利用するそうです。

いずれも充電器と車を
電気ケーブルでつなぐ方式だそうです。

これに対し非接触充電は、電気を送る側と
受け取る側が離れていても、効率よく
電気を供給できる「磁界共鳴方式」を
用いるそうです。

畳半分程度の大きさの充電器を地面に
埋め込み、特殊な電流を発生させると、
車側に取り付けた受電装置の回路にも
電流が流れて充電されるそうです。

すごいですね。
実用化されるのですね。
電気自動車の普及が早くなりますね。

東宝の興行収入

東宝です。

1月12日、2016年の年間興行成績が
前年比16.8%増の約854億円となり、
過去最高額を更新したと発表したそうです。

上半期は「名探偵コナン」「妖怪ウォッチ
などのアニメ映画が好調。

下半期も「シン・ゴジラ」が興行収入80億円超、
「君の名は。」が200億円超の大ヒットを
記録したそうです。

これまでの最高は「借りぐらしのアリエッティ」や
「THE LAST MESSAGE 海猿」がヒットした
2010年の約748億円だったそうです。

「君の名は。」は、海外でも上映されて
います。
もっと、収入は上がるでしょうね。



ガラケー

「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」と呼ばれる
従来型の携帯電話です。

地味に進化しているそうです。

昨年10月に通信大手3社がそろって、
1回5分以内であれば月額1200円で
通話し放題となるガラケー向けの新料金
プランを発表したそうです。

成長が続く格安スマートフォンへの
顧客流出を防ぐのが狙いだそうです。

メーカーも見た目は従来のガラケーのまま、
通話品質を含めた基本性能の底上げや
使い勝手の向上など“変わらない”良さに
磨きをかけているそうです。

最近のガラケーは、LINEもできますからね。
進化しています。

格安スマホが、できてもっと安くなっているのですね。

消費者にとってはよいことです。


イオンの業績

イオンが11日、2016年3~11月期連結決算を
発表したそうです。

純損益が172億円の損失(前年同期は
174億円の損失)と2期連続で赤字だったそうです。

主力の総合スーパーの不振が響いたそうです。

売上高に相当する営業収益は前年同期比1.1%増の
6兆998億円、営業利益は5.6%増の853億円だったそうです。

食品スーパーや金融事業は好調だったが、
総合スーパーは傘下のダイエー
不振店を譲り受けたこともあり、350億円の
営業赤字を計上、業績の足を引っ張ったそうです。

なかなか赤字から回復しませんね。

景気はよくなっていますが、
売り上げが上がりません。
競争も激しくなっています。


 

パナソニックの換気扇

パナソニックです。

1年ほど前から販売を開始した、
10年間は本格的な掃除が不要という
レンジフード(換気扇)が、当初予測を
大幅に上回る売れ行きをみせているそうです。

販売台数は、当初の企画台数の3倍を
超えるペースだそうです。

面倒な手入れを劇的に減らした
機能性が、改めて注目されているそうです。

商品名「ほっとくリーンフード」だそうです。
長期間ファンの手入れがいらない
「ほっとく」に由来するそうです。

従来機ならファン部分に付着する油汚れを、
毎回使用終了後に自動の高速回転で
振り切ることで、ファンを取り外す
掃除を10年間不要としたそうです。

すごいですね。
換気扇もどんどん進化します。

パナソニックも地道ですがよいところに
目をつけています。


パチンコ店

全国のパチンコ店の組合である、
全日本遊技事業協同組合連合会
(通称:全日遊連)が発表したそうです。

加盟店舗数が2016年11月末現在で遂に
10000店舗を割ったそうです。

最盛期の1995年には全国に18200店舗
あった店舗が、わずか20年で45%も
減少したそうです。

直近の1年間で言えば、平均して
毎月37店舗が廃業しており、18店舗が
休業しているそうです。

店舗数減少の理由です。

一つは、新規客が増えないことだそうです。
現在のパチンコ店のメインユーザーは、
65歳~70歳の団塊の世代と、
団塊ジュニアと呼ばれるその子ども達の
世代(ジャンプ世代とも言われる)だそうです。

特に20代のパチンコへの新規参加数が
激減しているそうです。

高齢者が減ったらパチンコ業界も大変ですね。



ホンダの自立バイク

本田技研工業ホンダ)です。

人が乗っていなくても自立する
二輪車「ホンダ・ライディング・アシスト」を
家電見本市「CES 2017」(米ラスベガス
1月5~8日)で世界初公開しました。

テレビでも放送していました。

「ASIMO」などヒューマノイドロボットの
研究で培ったバランス制御技術を
応用したそうです。

ライダーが乗っている状態でも、
誰も乗っていなくても倒れずに
自立するそうです。

ライダーがバランスを崩しても、
バイク自体がバランスを保ち、
低速走行時や停止時のふらつき、
取り回しの際の転倒リスクを軽減するそうです。

操縦性は既存の二輪車と同等といい、
ツーリングやバイクのある日常をより
楽しいものにする提案」だそうです。

すごいですね。
バランスをとって勝手に動いていました。
技術が、どんどん進化します。



中国の大気汚染

中国北京市を中心に発生した重度の
大気汚染です。

5日、周辺地域に広がり、同日までに
32都市が最も深刻な「赤色警報」を
発令したそうです。

政府は汚染物質を排出する工場の
見回りを強化するなど取り組みを
アピールしているが、住民の不満は
高まるばかりだそうです。

北京市では5日、雪がちらつき、市気象局は
汚染物質が付着しているとして「雪は汚いので
傘を差すように」と呼び掛けたそうです。

北京の米大使館のウェブサイトによると、
微小粒子状物質「PM2.5」を含む
汚染指数は最悪レベルの「危険」を示す
380を記録したそうです。

北京市は2番目に深刻な「オレンジ警報」を
維持しているそうです。

インターネット上には「なぜ赤色警報じゃないのか」
「必死でメンツを保っているだけだ」などの批判が
書き込まれたそうです。

生活できないレベルなのに、暴動が
おこらないのは、信じられませんね。
反日では、すぐに暴動になります。

大気汚染は、全然よくなりませんね。

小池知事の新党

小池百合子東京都知事が
毎日新聞の新春インタビューで、
発言したそうです。

7月の都議選に絡んで注目の
「小池新党」問題について見解を
明らかにしたそうです。

知事は、新党を結成するか、政治団体
「都民ファーストの会」を拡充するかは選択的な
問題であると強調。

「ある意味、(新党は)もうできている」と述べ、
自信を示したそうです。

「都民ファーストの会」は、昨年の都知事選で
小池氏支持に回った豊島区議らを中心に
発足したそうです。

9月に政治団体として都選挙管理委員会に
届け出ており、知事自ら設立した政治塾
「希望の塾」を運営しているそうです。

これだけ、圧勝したのですから、新党も
作るでしょうね。
かなりの票が取れるでしょうね。

注目です。


東芝の業績

経営再建中の東芝です。

27日、米国の原発関連会社の
資産価値が当初の想定を大幅に
下回り、最大数千億円の損失を
計上する見通しになったそうです。

東芝は今年度、純損益の黒字を見込んで
いたが、赤字に転落するおそれがあるそうです。

財務内容がさらに悪化すれば、資本増強を
含む抜本的な経営の立て直しを求められるそうです。

資産価値が下落したのは、原発施設の建設を
手がける米国の会社「CB&Iストーン・アンド・
ウェブスター」(S&W)で、東芝の米原発子会社
ウェスチングハウス(WH)が昨年末に買収したそうです。

でも、いろいろ東芝の不正会計の問題があったのに、
こういう時期に、何で買収したのでしょうか。

考えられませんね。
経営者の責任ですね。