So-net無料ブログ作成

朴槿恵大統領

韓国のソウル中央地裁は
31日未明、収賄容疑などで
朴槿恵(パク・クネ)前大統領
(65)の逮捕状を発付したそうです。

検察は直ちに逮捕したそうです。
13件の容疑が持たれているそうです。

大統領経験者の逮捕としては
1995年の盧泰愚(ノ・テウ)、
全斗煥(チョン・ドゥファン)両氏に
続き、3人目だそうです。

検察によると、朴容疑者は友人で
女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告と
共謀し、最大財閥、サムスングループから
約298億ウォン(約30億円)の
賄賂を受け取った疑いだそうです。

韓国は、なぜ、大統領が逮捕されるのでしょうか。
なんとなく、違和感があります。

どうなるのでしょうかね。


セブンイレブン

コンビニエンスストア大手の
セブン―イレブン・ジャパンです。

29日、洗剤、歯ブラシなど
日用品61品目を4月19日に
平均で5%程度値下げすると
発表したそうです。

消耗品である日用品の価格を
引き下げることで、コンビニ利用者の
買い上げ品目数や来店回数を
増やしたいそうです。

対象商品は、他の小売店も
販売するメーカー品だそうです。

「アリエールパワージェルボールS」を
20円引き下げ410円にするなど、
最大で64円値下げするそうです。

コンビニは、高いというイメージが
ありますが、価格を下げるのですね。
利用者が増えますね。




原油価格

原油価格が上がりませんね。

OPEC加盟国が減産合意を
きちんと履行しています。

しかし、OPEC総会以降の減産量を引き、
米国などの増産分を足すと、
原油の需給はほとんど引き締まって
いないそうです。
価格は減産合意前の水準に
ほぼ戻っているそうです。

ロシアの産油量は昨年11月時点と比べ、
日量15万バレル余り減っているそうです。
これは、今年6月までに減産する
ことで合意した量のおよそ
半分に当たるそうです。

一方、米国の産油量は
急増しているそうです。
シェールオイルですね。

価格が上がると、シェールオイルが
増加します。
原油価格は、なかなか下がりませんね。

日本にとってはよいことですが。




日経平均

27日の日経平均です。

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は
前営業日比191円34銭安の
1万9071円19銭となり、
反落して始まりました。

1ドル110円台半ばまで
進んだ円高を懸念し、輸出株などに
売りが先行したそうです。

米医療保険制度改革(オバマケア)の
代替法案が撤回されたことで、
トランプ米大統領の政策実現性に
対する不透明感が相場の重しと
なっているそうです。

寄り後に下げ幅は200円を超えたそうです。
保険、証券、銀行などの金融株が安く、
鉄鋼、輸送用機器なども下げているそうです。

円高が進んでいます。
アメリカの政策の不透明感も
あります。
期待が先行しすぎた面もあります。

でも、これからですね。



日立製作所

日立製作所は24日、原発燃料である
ウランの技術開発から撤退するそうです。
約650億円の損失を計上するそうです。

世界的に原発需要が停滞していることから、
採算が見込めないと判断したそうです。

2017年3月期連結決算の
業績予想にはすでに損失を
織り込んでおり、影響はないそうです。

日立は2月に開いた16年4~12月期決算の
記者会見で、ウランの技術開発からの
撤退に伴い、約700億円の損失を
計上する可能性があることを
明らかにしていたそうです。

原発事業は、利益を上げるのが
難しくなっていますね。
安全な代替エネルギーを考える必要が
ありますね。


W杯アジア最終予選

18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会
出場を懸けたサッカーのアジア最終予選が
23日に行われました。

6大会連続6度目の本大会出場を
目指すB組2位の日本(FIFAランク51位)は
同4位のUAE(同68位)と
アウェーで対戦。

FW久保の代表初ゴールなど
1ゴール1アシストの活躍で2―0で勝利し、
通算4勝1分け1敗の
勝ち点13としました。

同組首位のサウジアラビア(同57位)が
同最下位のタイ(同127位)に3―0で勝ったそうです。

首位浮上はならなかったものの、W杯出場圏の
同組2位を守りました。
次戦は28日にホームでタイと対戦します。

勝ってよかったですね。
新しい選手が活躍しています。
いいことです。

トランプ政権

日米の株価がトランプ相場の
もとで最大の下げ幅となりました。

減税やインフラ投資など
トランプ米大統領が掲げる
景気刺激策の実現が遅れることへの
懸念が広がったためだそうです。

22日はアジアの主要な株価指数も
軒並み下落し、株安が連鎖。

トランプ相場は岐路にさしかかっているそうです。

まだ、閣僚も決まっていないそうです。
これで、国政は難しいですね。

株価も期待であがりすぎです。



三越千葉店

千葉市を代表する百貨店の一つ、
三越千葉店(中央区)が20日で
営業を終えたそうです。

33年間、市民に親しまれ、最終日も
多くの人でにぎわったそうです。

同市では昨年11月に千葉パルコが閉店しており、
相次ぐ大型店の撤退に、地域経済への
影響や中心市街地の空洞化を
懸念する声も上がっているそうです。

三越千葉店は1984年、地元百貨店の
ニューナラヤを引き継ぐ形で営業を開始。

JR千葉駅東口近くの好立地もあって
売り上げを伸ばしたが、千葉そごうや
郊外の大型商業施設との競合もあり、
2016年3月期の売上高は126億円と
ピーク時の4分の1に減少したそうです。

百貨店は、もっと企業努力を
おこなうべきですね。
地域のスーパーなどは、いろいろな対策をして
顧客を集めています。
でも、百貨店は、変わりません。
消費者は、敏感ですからね。


生き残り戦略

紳士服大手、コナカのグループ企業で
あるコナカエンタープライズが
フランチャイズ(FC)で展開する事業です。

『大衆食堂 半田屋』、『とんかつ専門店 かつや』、
『からあげ専門店 からやま』などの
飲食店、さらに、『スペースクリエイト 自遊空間』
(インターネットカフェ・漫画喫茶)などがあるそうです。

『洋服の青山』などを展開する青山商事 は、
100%出資の子会社globが物語コーポレーションと
FC契約を締結し、焼き肉店の『焼肉きんぐ』、
寿司・しゃぶしゃぶ店の『ゆず庵』などを
経営しているそうです。

いろいろな事業をおこなttいるそうです。
紳士服だけでは、難しいのでしょうね。
次の柱が必要かも知れませんね。



物流倉庫

日本最大の物流施設が兵庫県尼崎市に
建てられるそうです。

日本やアジアで物流施設の
開発を手がけるESR(東京)が
17日発表したそうです。

投資額は約700億円。約19万4千平方
メートルの敷地に6階建ての施設を
建てるそうです。
着工は2018年1月で、19年12月の
完成を目指すそうです。

延べ床面積は約39万平方メートルで、
阪神甲子園球場の約10倍。
託児所や日用品が買える商業施設なども
備え、働きやすい施設にするそうです。

いろいろな企業が
物流倉庫を作っています。

でも、それを配達する人がないと
だめですね。
そこも、重要です。