So-net無料ブログ作成
検索選択

ローソン

コンビニ大手のローソンです。

30日、定時株主総会を開き、
玉塚元一会長(55)の退任と、
親会社である三菱商事出身の竹増貞信社長
(47)の再任を承認したそうです。

“プロ経営者”である玉塚氏が退いた結果、
選任された取締役8人のうち、社外の
3人を除けば5人全員が三菱商事出身だそうです。

今後は、三菱商事の経営への関与が
より強まるそうです。

問題は、三菱色が強くなることが、
ローソンにとって何がデメリットに
なるかが問題です。

調達などの取引で、利益を上げるために
三菱商事が高く売れば、ローソンの
不利益につながるそうです。
株主からは「利益相反が生じないか」
との不安の声も漏れたそうです。

でも、反対に相乗効果のメリットもあります。
今後の売り上げや利益を見たほうが
よいと思いますが。


ヤフー

検索大手ヤフーです。

宮坂学社長は26日、産経新聞の
インタビューに応じたそうです。

検索サイトでの履歴を元に、
ヤフーの通販サイトでおすすめの商品を
表示するなど、複数のサービス間で
利用データの相互活用を進める方針を
明らかにしたそうです。

宮坂氏はソフトバンクグループの
取締役を6月下旬に退任し、
同社傘下の国内携帯事業会社
ソフトバンクの取締役に就任する
予定だそうです。

通販サイトの販促を中心に、
ヤフーとソフトバンクの連携を
強化するそうです。

ビッグデータですね。
AIの導入も始まっています。
データがこれから重要かも
知れませんね。



土地白書

国土交通省が26日、2017年版の
土地白書を公表したそうです。

人口減少に伴い全国的に所有者の
分からない空き地が急増しており、
「公衆衛生や景観悪化の要因になっている」と
指摘しているそうです。

この対策として、自治体や民間企業が
連携して空き地を活用したい人や
企業を探す「空き地バンク」の
創設を示したそうです。

白書によると、全国の空き地の
面積はこの10年間で2割増えたそうです。

相続や贈与で土地を取得したものの、
活用する当てがなく、放置されている
ケースが目立っているそうです。

空き地の放置が続くと、いずれ
所有者の分からない土地が増え、
公共事業や民間の再開発事業にも
支障が出る懸念もあるそうです。

2割も増えているのでしょうか。
空き家も増えていますね。
高齢者が増えていますからね。
社会問題になっています。





原油価格

25日米国時間の原油相場です。
5%近く下げたそうです。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの
産油国がこの日、協調減産の9カ月間延長で
合意したことで、より大幅な減産を期待していた
投資家の間に失望感が広がったそうです。

北海ブレント原油先物(7月限)(LCOc1)の
清算値は4.6%安の1バレル=51.46ドルだそうです。

米国産標準油種WTI先物(7月限)(CLc1)の
清算値は4.8%安の同48.90ドル。
今週初めて50ドルの大台を割り込んだそうです。

来年3月まで9カ月間の減産延長は
おおむね市場の予想通りだが、OPECが
減産幅拡大もしくは12カ月間の延長に
踏み切らなかったことが失望を誘ったそうです。

9ヶ月でも長いようですが、
もっと期待されていたのですね。
シェールオイルもありますからね。

日本にとってはよいことですが。



上場企業の平均給与

上場企業の平均年間給与についてです。

東京商工リサーチが2016年の
上場3079社についてまとめたそうです。

平均額は前年から6万3000円(1.0%)増え、
605万7000円だったそうです。
11年の調査開始から5年連続で増加しており、
初めて600万円台に乗ったそうです。

業種別のトップ3は、金融保険業の702万9000円、
建設業の671万9000円、不動産業の663万7000円だそうです。

業績が好調な建設業と不動産業は上昇し、
東日本大震災以降減少していた
電気・ガス業は初めて増加に転じ、
658万6000円と4位に付けたそうです。

なぜ、電気が多いのでしょうか。
原発問題もあります。
電気料金はどんどん上がっています。
給料を下げるべきです。

違和感がありますね。



ビールが値上がり

スーパーディスカウントストアの
店頭で、ビール類が徐々に値上がり
しているそうです。

メーカーが値下げの原資となる販売奨励金
(リベート)を減らしているためだそうです。

また、法改正によって6月以降は過度な
安売りが厳しく取り締まられるそうです。

さらなる値上げは必至で、家庭での晩酌の
本数に影響を及ぼしそうです。

ビール類の値上がりは年明けから
始まっているそうです。

昨年5月に成立した改正酒税法の来月施行を前に、
国税庁がメーカーに対して不当なリベートを
削るよう指導したことが理由だそうです。

総務省調査によると、1~4月の東京都内の
ビール1パック(350ミリリットル入り缶6本)の
平均小売価格は、前年同期に比べ9円高い
1136円に上昇したそうです。

改正法は、採算を度外視した安売りに
歯止めをかけ、経営不振に陥っている
中小の酒販店を守るのが狙いだそうです。

一方、メーカーや卸売業者にとって
安売り体質からの脱却は念願でもあるが、
ビール離れが一段と進む可能性もある
もろ刃の剣だそうです。

今頃、改正しても、一般の消費者は、
中小の酒販店から買いません。
スーパーで少しでも安い商品を買います。

そして高くなるともう飲まなくなりますね。
それでなくてもお酒を飲む人は減っていますから。


コンビニの売上高

日本フランチャイズチェーン協会は
22日、主要コンビニエンスストア8社の
4月の既存店売上高を発表したそうです。

前年同月比0・3%増の7752億円で、
2カ月連続のプラスだったそうです。

上旬の天候不順で花見需要を
取り込みきれなかったが、寒暖の差が
激しかったため温かい麺類や冷たい
デザート類の販売が好調だったそうです。

既存店ベースの来店客数は0・5%減の
約128億3千人と14カ月連続のマイナス、
平均客単価は0・7%増の約604円と
25カ月連続のプラスだったそうです。

コンビニが順調ですね。
スーパーなどは苦戦しています。
今から、夏になるので、
ますます、コンビニにいく回数が
増えますね。



WannaCryウィルス

世界中で猛威を振るった
ランサムウェア「WannaCry」です。

感染したPCの98%は「Windows 7」
搭載だったそうです。

ロシアのセキュリティ企業Kaspersky 
Labのグローバルリサーチ担当ディレクター
コスティン・ライウ氏が5月19日(現地時間)、
自身のTwitterアカウント
バージョン別感染率グラフをツイートしたそうです。

「WannaCryのWindows
バージョン別感染で、最悪だったのは
Windows 7 x64だったそうです。

Windows XPはほとんどない」そうです。

「Windows 7」はまだ
米Microsoftのサポート対象であり、
WannaCryを回避するための
セキュリティアップデートはWannaCry
まん延の2カ月前には公開されていたそうです。

それでも感染したのでしょうか。
困りますね。




東芝半導体

経営再建中の東芝です。

19日、半導体メモリー事業の
売却先を選ぶ2次入札を締め切ったそうです。

ファンドのベインキャピタルが応札する一方、
官民ファンドの産業革新機構などによる
「日米連合」は入札参加の意向を示したものの、
金額などの条件は後日提示することにしたそうです。

東芝は2次入札で売却先をある程度、
絞り込みたい考えだったが、
東芝と協業する米ウエスタンデジタル(WD)が
売却に反対するなど先行きは不透明で、
選定作業は難航しているそうです。

いろいろ問題がありますね。
どうなるのでしょうかね。
先が見えません。


民進党

民進党です。

東京都議選の選挙情勢が厳しいそうです。

36人の公認候補者のうち、すでに14人が
離党届を提出したそうです。

旧民主党時代の前回に獲得した
15議席から、予測どおり、
最悪“消滅”しかねない状況だそうです。

離党した候補者のほとんどが1、
2人区の激戦区。重要選挙区なのに、
党本部の蓮舫代表と都連の松原仁会長の
仲が悪くて、連携が取れていないそうです。

無所属になれば都民ファースト
公明から推薦が出る可能性があるんだから、
候補者が離党するのもしょうがないそうです。

勝てないでしょうね。
民進党は、きちんと政策をだすべきです。
どんどん支持率が下がっています。