So-net無料ブログ作成

アメリカの自動車業界

各メーカーは、消費者に依然人気のある
ガソリン車を売り込みつつ、規制当局や
投資家の要求にも応じて、クリーンエネルギー車や
自動運転技術をアピールしなければならないそうです。
難しいそうです。

消費者はまだ自動運転車を受け入れる
準備ができておらず、カリフォルニア州が
普及を求める電気自動車(EV)の
実際の売れ行きはごくわずかで、
採算も取れていないそうです。

メーカーの稼ぎ頭はなおガソリンエンジンの
スポーツタイプ多目的車(SUV)や
ピックアップトラックだそうです。

フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)の場合、
カリフォルニア州の多くの顧客が抱いている
排ガス不正の悪しきイメージを払拭(ふっしょく)
するため、まずはEVの販売促進を図るとみられるそうです。
ただそれだけでなく、傘下アウディの大型セダン
「A8」といったガソリン車も積極的に宣伝するそうです。

トヨタのハイブリッドが出たときの
アメリカ人は、燃費の悪いアメリカ車を選択しました。
まだ、ガソリン車でしょうね。


メルカリナウ

フリーマーケットアプリ運営最大手の
メルカリです。

27日、洋服などのブランド品を
即時買い取りするサービス
「メルカリNOW(ナウ)」を始めたそうです。

メルカリのアプリ内で売りたい品を分類して
撮影するだけで買い取り金額が
表示され、OKすれば数日で登録した
銀行口座に振り込まれるそうです。

従来のメルカリに比べて不要品を
早く換金できるのが特長で、
初日からアクセスが殺到。
開始十数分でサーバーが一時ダウンしたそうです。

メルカリナウは、メルカリアプリ内の
「NOW」のタブを選ぶと使えるそうです。

ブランド名や新品か中古かなどを
登録した上で品物を撮影すると、
メルカリの過去の取引履歴をもとに
金額が査定されるそうです。

品物はメルカリ子会社が
2週間以内に集荷して買い取り、
メルカリのアプリで販売されるそうです。
盗品が売り出されるなど不正利用が
相次いだ事態を踏まえ、本人確認を
はじめとする改善策も盛り込んだそうです。

すごいですね。
新しい機能です。
商品が殺到するでしょうね。
利益がでるのでしょうかね。

中国と韓国

在韓米軍の終末高高度防衛(THAAD)
ミサイル配備問題を巡り、中国側による
韓国政府への圧迫が続いているそうです。

韓国側は10月末に両国が関係改善に
合意したことでTHAAD問題を「封印」し、
12月中旬の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の
訪中を機に、停滞する中韓経済関係を
回復させたい考えだったそうです。

だが最近、この問題を巡る双方の認識の
ずれが大きいことが表面化。
韓国側の思惑通りに行くかどうかは
不透明な状況になってきたそうです。

トランプ氏訪中を経た11月13日、
中国の李克強首相は10月末の合意は
「段階的な処理」と発言しており、
韓国の中国専門家は「THAAD撤去を
諦めないとの意思表示だ」と指摘しているそうです。

韓国も大変です。
中国は譲歩しないでしょうね。
そんなものです。



民泊事業者

一般の住宅に旅行者を有料で
宿泊させる「民泊」についてです。

解禁に向け、観光庁は23日、
民泊事業者(家主)が都道府県などに
届け出を行う際の本人確認について、
マイナンバー(個人番号)カードによる
電子認証を原則とする方針を固めたそうです。

観光庁は民泊情報を省庁間などで
共有するデータベースの立ち上げを
進めており、マイナンバー活用で
民泊の健全性を高めるとともに、
事務手続きの効率化を図るそうです。

違法な民泊事業者を出さないように
する対策でしょうか。
よいと思います。
やってみることが大切です。



量子コンピューター

「量子ニューラルネットワーク(QNN)」計算装置です。
量子コンピューターです。

NTT物性科学基礎研究所、国立情報学研究所などが
内閣府の支援事業である「革新的研究開発推進プログラム
(ImPACT=インパクト)」の一環として開発したそうです。

20日にメディアに公開するとともに、11月27日からは
クラウド経由で一般ユーザーも利用できるように
すると発表したそうです。

これまで量子コンピューターの分野で
もっぱら注目されてきたのは、米国の
グーグルやIBMなどが進める量子ゲート型、
それにカナダのディーウェーブ・システムズが
実用化した量子アニール型だったそうです。

QNNはそれらとは原理や構造が異なり、
光の量子力学的な特性を利用した
ネットワーク型と言われるものだそうです。

他の二つのタイプに比べ、超電導素子を
使っていないので極低温まで冷却する
必要がないそうです。

時代が変わるかも知れませんね。
国産のコンピュータですね。


バーバリー

「バーバリー(BURBERRY)」の
コスメティックストア「バーバリー ビューティ ボックス
(BURBERRY BEAUTY BOX)」です。

12月31日までに国内の全店舗を閉店するそうです。

今年3月にオープンしたばかりの
ルミネ横浜店は、11月13日にすでに
クローズしており、西武池袋本店は11月25日、
三越銀座店と阪急百貨店うめだ本店の店舗は
12月31日に閉店するそうです。

閉店後も、メイクアップアイテムは
公式サイトで販売を続けるそうです。

「バーバリー ビューティ ボックス」は、
2015年から資生堂が展開していたが、
今年4月にバーバリー社と締結していた
フレグランスを含むビューティ商品の
ディストリビューション契約を終了することを
発表。
同月にバーバリー社はコティ(COTY)と
ライセンス契約を締結しているそうです。

バーバリーも、日本市場で勝つのは
難しいのですね。


ペッパー

ソフトバンクです。

20日、人型ロボット「ペッパー」で
決済できるサービスを来年から
始めると発表したそうです。

ペッパーの胸の画面で商品の
注文などを行い、電子マネーの
カードなどをかざすと支払いが
完了するそうです。

日本語と英語、中国語に対応するそうです。
飲食店などの待ち時間の短縮につながるほか、
客層や注文率などの調査にも活用できるそうです。

利用料金は、標準的なプランで
月額2万5000円(税抜き)。

ソフトバンクグループはロボット事業を
強化する方針を打ち出しているそうです。
来夏には、人工知能(AI)を搭載した
床掃除のロボットを発売する計画だそうです。

ペッパーもどんどん進化しています。
ソフトバンクも、どんどん新しい技術を
取り入れていますね。



小売業と外食産業

小売りと外食業界で価格戦略の
違いが目立ってきたそうです。

スーパーなど小売りは値下げが相次ぎ、
逆に外食は値上げの動きが広がっているそうです。

根強い節約志向と人件費の高騰は
共通だが、小売りが扱う商品の
多くはメーカー製で差別化しにくいため、
価格競争に陥りやすいそうです。

一方、外食は人件費の比率が高い上に
原材料費の上昇も重なり、コスト負担に
耐えきれなくなっているそうです。

大手スーパーの西友は17日、大手メーカー製の
冷凍食品など食品や日用品を中心に
644品目を3~9%値下げしたそうです。


二階俊博幹事長

自民党の二階俊博幹事長です。

17日、都内で講演し、地方は恩恵を
受けていないとして、安倍晋三首相が
推進する経済政策「アベノミクス」を
批判する野党を酷評したそうです。

「野党は悔しくて仕方ないから
アベノミクスは『けしからん』と偉そうに言う」と
前置きし、「地方に(恩恵が)回るように
するために何をすればいいか、『提言でもしてみなさい。
考えがあるなら述べてみなさいよ』と
言ってやりたい。
情けない限りだ」と述べたそうです。

また、民進党が分裂したことにも触れ
「このことを他山の石として、あの姿を
国民や支持者の前に呈してはならないことを
戒めなければいけない」とも語ったそうです。

正しいですね。
野党の問題は、批判ばっかりです。
批判してもよいですが、対案をだすべきです。

対案がないのに批判をするのは、
だめですね。



LINE

LINE株式会社のコミュニケーションアプリ
「LINE」です。

送信したメッセージを取り消す機能を2017年12月
以降に実装すると発表したそうです。

これまでLINEでは、一度送信したメッセージを
自分のトークルームから削除することはできたが、
相手側には残ったままだったそうです。
今後は、24時間以内に送信したメッセージで
あれば、相手側のトークルームからも
削除することができるそうです。

同社の広報担当者によると、メッセージの
取り消し機能を望む声はもともと利用者から
上がっていたそうです。

取り消し機能を追加することでアプリの
使いやすさを向上し、コミュニケーションの
選択肢を拡大させる狙いだそうです。

いいかも知れませんね。
間違って送ることもあります。