So-net無料ブログ作成
検索選択

甲州ワイン

日本のワイン発祥の地で知られる
山梨県の特産ブドウ「甲州」で
造られる甲州ワインです。

世界的な人気が高まっているそうです。

輸出量はこの5年で20倍以上に拡大。
背景には、世界のワインマーケット
中心地であるロンドンでの官民一体の
PRが奏功しているそうです。

試飲会を主催したのは山梨県内の
ワイナリー11社。
会場には、ワインジャーナリストのほか、
地元テレビ局のワイン番組の著名キャスター
卸売業者、ソムリエなどワインに
精通する英国人約200人が駆けつけ、
ペンを片手に味や風味をチェックしていたそうです。

そこで、認められたのですね。
日本のワインが世界に販売されて
います。

すごいですね。
日本のワインの品質が高いと
いうことですね。



老後の資金

老後の資金で多いのは年金です。

厚生年金は地域やお給料によって支払う
保険料も異なるため、受け取る年金の
額も異なっているそうです。
厚生労働省の資料によると、2014年度の
平均受給額は約14万8000円だそうです。

年金受給額を試算してみて、
年金だけじゃとてもじゃないけど
生活できないと感じた方。
大切なのは、老後の生活設計に向けて、
今からでも貯蓄や投資資産運用
して備えをすることだそうです。

老後の資金として必要とされている
金額としては、3000万円程度あれば
安心と言われているそうです。

でも、地域や人によって異なりますね。
持ち家の状況にもよります。

でも、将来設計をしておく必要は
ありますね。
重要です。




生命保険料

生命保険料の値上げが相次いでいるそうです。

明治安田生命保険と住友生命保険は23日、
毎月支払い型について、4月以降の
契約分から値上げすると発表したそうです。

個人年金や学資、終身など貯蓄性の
保険が対象。

日本銀行のマイナス金利政策の影響で
運用利回りが下がっており、保険金を
払うために必要な原資を確保するためだそうです。

すでに契約している保険料は変わらないそうです。

確かに、マイナス金利で、影響を
うけていますね。
でも、消費者にそのまま転嫁するのは
違和感があります。



民進党

民進党の蓮舫代表と党最大の
支持団体・連合の傘下労組「電力総連」の
幹部は17日に都内で面会し、民進党が
次期衆院選公約として検討中の「2030年
原子力発電ゼロ」をめぐり意見交換したそうです。

民進党の蓮舫代表は、報道で『2030年原発ゼロ』と
言ったそうです。
話が大きくなっています。
電力総連は、反対しているそうです。

民進党は、党内で、もっと意見をまとめて
政策を作るべきですね。

これで、また支持母体が減ったら、
絶対に、選挙で勝てません。
今の、支持率も一桁ですからね。

以前では考えられない支持率です。



ロシア

ロシアが昨年12月にサウジアラビアを抜き、
世界最大の原油生産国となったそうです。

共同機関データイニシアティブ(JODI)の
ウェブサイトで20日データが発表されたそうです。

ロシアの12月の産油量は日量1049万バレルと、
前月比で同2万9000バレル減少。
サウジは前月の日量1072万バレルから
同1046万バレルに減ったそうです。
ロシアの産油量がサウジを上回ったのは
昨年3月以来だそうです。

JODIによれば、米国が3位で日量880万バレル。
前月の同890万バレルから減少したそうです。
4位はイラクで同450万バレル、
5位の中国は同398万バレルだったそうです。

アメリカが3位ですか。
価格が上がれば、シェールオイルが増えます。
日本にとっては価格が下がればよいですが。






アスクル火災

オフィス通信販売最大手アスクルの
物流倉庫(埼玉県三芳町)で火災
16日発生しました。

同社が成長の柱と位置付ける
個人向け通販「LOHACO(ロハコ)」の
東日本で唯一の拠点だそうです。

火災の鎮火や倉庫の復旧には
まだ時間がかかりそうで、
同社の成長戦略にも影を落としているそうです。

16日午前の火災発生後、ロハコは
東日本地域からの注文受け付けを
いったんとめたが夕方には再開。

だが、ロハコ向けの倉庫は、埼玉県
ほかは大阪市内にあるだけで、3万種類ほどの
商品が20日夕時点で「在庫切れ」に
なっているそうです。

まだ鎮火していないとニュース
いっていました。
影響が大きいですね。

なぜ、火災がおきたのでしょうか。
回復までにしばらくかかりますね。



日経平均

20日の日経平均株価は前週末比98円57銭安の
1万9136円05銭で始まっています。

前週末の米国株式は最高値を更新したものの、
1ドル=112円台後半への円高・ドル安が
重しとなり、売りが先行したそうです。

下げ幅を広げ、一時1万9115円11銭
(前週末119円51銭安)まで下落したそうです。
その後戻りは鈍く軟調に推移しているそうです。

業種別では、出光興産<5019.T>、
コスモエネHD<5021.T>などの
石油石炭製品株が下落。
第一生命HD<8750.T>、東京海上<8766.T>などの
保険株も軟調だそうです。
クボタ<6326.T>、オークマ<6103.T>などの
機械株も安いそうです。

ずっと株高は続きませんね。
決算がよい企業が多いのですが。


回転寿司業界

回転寿司をめぐる市場環境は
厳しくなっているそうです。

回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が
東京証券取引所に再上場するそうです。
同社は2009年に上場を廃止しており、
ファンドの傘下で資本関係の整理を
進めてきたそうです。
上場すれば1000億円の時価総額に
なるともいわれています。

回転寿司の業界は、ライバル企業間の
競争が極めて激しいそうです。

回転寿司のチェーン店には、
スシローのほかに、くらコーポレーション
展開する「くら寿司」、牛丼チェーン「すき家」で
知られるゼンショーホールディングス傘下の
「はま寿司」、コロワイドグループのカッパ・
クリエイトが展開する「かっぱ寿司」、
そして「元気寿司」などがあります。

赤字になる企業もあるそうです。

これから、どうやって勝ち抜いてゆくか
ですね。








韓国の即席麺

韓国の、即席麺の輸出が好調だそうです。

同国の農林畜産食品省によると、
2016年の輸出額は2億9040万ドル(
約332億円)で前年から32.7%の
大幅増になったそうです。

06年の1億260万ドルから
10年間でおよそ3倍に増えたそうです。

輸出先は100カ国・地域に及んでおり、
同国の食品輸出の成功例として牽引役の
役割を期待されているそうです。

16年の即席麺の前年比輸出増加率を
国別にみると、タイが155.8%、
中国が94%、ベトナムが90.4%だったそうです。

日本でも販売されていますね。
世界でも多いのですね。

日本も輸出が増えてほしいですね。



本田圭佑

ミランに所属する日本代表
MF本田圭佑です。

シーズン終了後の6月末に
ミランを退団する見通しのようです。
2日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が
報じたそうです。

本田は今シーズン終了後の6月末に
ミランとの契約満了を迎えるそうです。

しかし、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が
率いる若手主体のミランでは構想外の
扱いとなっており、契約更新はせずに
退団となる見通しだそうです。

来シーズンからはMLSへ参戦する
可能性が報じられているそうです。

スポーツの世界は厳しいですね。
特に、サッカーは大変です。
活躍できないと、解雇されます。