So-net無料ブログ作成
検索選択

自動運転

世界の自動車メーカーが技術開発に
しのぎを削る自動運です。

2020年ごろには、完全自動運転の
一歩手前に当たる「レベル4」が
実現しそうだということです。

ただ、自動運転時代が到来しつつあるのは
自動車だけではないそうです。
むしろそれ以上に期待が持てる
分野が農業機械や鉱山機械だそうです。

自動運転トラクターの開発をいろいろな
企業が進めているそうです。
各社が対応を強化する背景には、日本の
農業が抱える深刻な事情があるそうです。

少子高齢化が進むなか、農業就業人口は激減。
後継者不足が解消しない以上、従来の
生産力を維持するには、大規模化を進めつつ、
最新技術を駆使して生産性を高めるしかないそうです。

井関農機の菊池昭夫取締役専務執行役員は
「(無人トラクターのような)
スマート農機の開発は、労働力不足や
生産性向上といった課題解決につながる」と
強調するそうです。

確かにそうですね。
それでなくても人手不足ですからね。
農業人口はどんどん減っています。
自動運転技術は進化するでしょうね。



アマゾンの影響

Amazonアマゾン)は、小売店や消費者
買い物行動にどのような影響を与えているのか?

コンサルティング会社PwCの
オンライン買い物客に関する世界的な
調査をしたそうです。

「Amazonが登場したことで
小売店で買い物をする頻度が減った」と
答えた人の割合が最も高かったのは
日本だったそうです。

世界全体では28%だったのに対し、
日本は39%と、米国を上回ったそうです。

日本に次いで高かったのは米国(37%)。
ブラジル(35%)、ドイツ(34%)も
Amazonの影響が大きいそうです。

影響は大きいですね。
検索してもアマゾンが表示されます。



ドイツの自動車業界

ドイツのIFO経済研究所は18日、
調査結果を発表したそうです。

2030年までに同国で燃焼エンジン車が
禁止されれば、60万人以上の雇用
失われる恐れがあるそうです。

IFOによると、無公害車の販売への
切り替えで自動車製造関連で42万6000人が
職を失い、残りの失業者は供給業者などの
関連産業で生まれるそうです。

ドイツでは総選挙を2カ月後に控え、
政府は排出ガス削減や、一部の都市では
ディーゼル車の完全走行禁止を求める
圧力の高まりに直面しているそうです。

連邦および地方政府代表は8月2日に
予定されている自動車メーカーとの会合で
ディーゼル車関連の公害を抑制する
方法を話し合うそうです。

世界の問題です。
自動車業界の雇用は大きいですからね。
雇用を守りながらガソリン車を
どうやって転換していくかですね。




500円ピザ

「500円ピザ」の店を経営する会社が
行き詰まり、店が閉店したそうです。

「500円ピザ」を経営する
遠藤商事ホールディングスは
2011年に最初の店を開店以来、
6年ほどで直営・フランチャイズ
合わせて74店まで拡大させたものの、
負債13億円を抱えて東京地裁から
破産開始決定を受けたそうです。

ライバルひしめく時代に、商売
うまく続けることは簡単ではありません。

まずは注目してもらうこと。
次に売り上げを上げること。
そして最後にもうけ(利益)を出すこと。
このすべてをクリアしないと
商売が続けられません。

競争が厳しいですからね。
厳しい業界です。


シャープ

シャープです。

18日、中国電機大手の海信集団(ハイセンス)
グループ3社が米国で製造・販売するテレビ
シャープの特許を侵害したなどとして、
損害賠償などを求める訴訟を17日、
ニューヨーク州の連邦地方裁判所に
起こしたそうです。

シャープは、インターネットに接続
できるハイセンスのテレビが、
シャープ保有の無線LAN関連特許を
侵害していると主張。

損害賠償のほか、特許侵害の認定や、
特許を侵害した製品の製造・販売の
永久差し止めなどを求めているそうです。

シャープもアメリカでテレビを
販売しますからね。 
対策のひとつですね。



アマゾン

米インターネット通販大手アマゾン・コムです。

米国で食材キットの宅配事業へ参入を
検討しているそうです。
英紙サンデー・タイムズが報じたそうです。

アマゾンは新サービスに関する米国での
商標登録で「調理すれば食事ができる
キット」を提供するそうです。

アマゾンは6月、自然食品が売りの
高級スーパー、ホールフーズ・マーケットを
137億ドル(約1兆5400億円)で
買収すると発表。
食材宅配事業に同社を活用する可能性があるそうです。

商標登録では、新サービスを
「私たちが準備し、あなたはシェフになる」と
称したそうです。

米国では野菜や肉といった食材や
調味料をあらかじめ計量し、調理方法が
書かれたレシピとともに配達す
るサービスが拡大しているそうです。

どんどん新しいサービスが追加されて
います。
驚きますね。


保育園で暴言

豊田真由子衆議院議員による秘書への
暴行・暴言が週刊新潮によって報じられ、
その音源が公開されてから約3週間。

まずYouTubeで公開され、その後、
テレビでも何度も引用された
「この、ハゲーーー!」という叫び声は、
いまや全国各地で知られるようになったそうです。

あまりに印象が強いこの叫び声は、
大人だけでなく子供にも大きな影響を
およぼしているそうです。

保育園でも、流行っているそうです。
テレビなどのマスコミが連日とりあげています。

面白半分に取り上げていますからね。
子供への影響が大きいですね。

マスコミは、もっと節度が欲しいですね。
品性がなくなっています。





フリーゲージトレイン

九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に
2022年度導入予定の新型車両
「フリーゲージトレイン(FGT)」の台車の
車軸に摩耗が見つかり、実用化に向けた
耐久走行試験へすぐに戻ることが
困難になったそうです。

国土交通省の専門家委員会が、安全を
確認するための試験結果を同日検証。
これを受け同省は、予定通りの導入は
「難しい」との認識を示したそうです。

車軸の摩耗は、部品の改良で以前より
改善したが、走行に支障のあるものが
2カ所で見られたそうです。

専門家委は「耐久走行試験に移行する場合、
新たな対策が必要」と指摘。

経済性を検討したところ、車両の製造
維持にかかるコストは一般の新幹線の
約1.9~約2.3倍に上るそうです。

厳しいですね。
長崎までの新幹線は先になりそうですね。


家飲み

アサヒグループホールディングスの
生活文化研究所は、家飲みに関する
消費者の意識調査をまとめたそうです。

インターネット方式で計2105人が
回答したそづえす。

同調査によると、家飲みの頻度で
「週2回以上」と答えた割合は75・2%に達し、
会社帰りに居酒屋に寄る従来イメージが、
家飲みにシフトしている状況が
鮮明になったそうです。

ほぼ毎日、家飲みしていると答えた
割合も35・7%に上ったそうです。
特にシニアになるほど、家飲みを選ぶ
傾向が強かったそうです。

給料が増えていませんからね。
そんなものです。
飲酒する人が減ったのではなくて
家で飲んでいるのですね。



アマゾンのプライムデー

アマゾンジャパンAmazon.co.jp)です。

トップページが7月10日午後7時現在、
利用できない状態になっているそうです。

同日午後6時から始まった有料会員向け
セールPrime Day(プライムデー)」
によるアクセス集中の影響と
考えられるそうです。

アプリやモバイルからは利用できる
場合もあるそうです。

なお、トップページはダウンしているが、
プライムデーの特設ページは利用できるそうです。
また、個別商品ページや個人ページ
アカウントサービス)も通常通り
表示されているそうです。

アマゾンは有料会員サービス
「Amazon Prime(プライム)」登録者に向け、
11日まで30時間にわたるセールを
実施しているそうです。

アマゾンのサーバーがダウンすることが
あるのですね。
人気があるのでしょうか。